ボーイズリーグとは?





ボーイズリーグ

 日本少年野球連盟 (愛称:ボーイズリーグ) は2013年1月内閣府より公益財団法人の認定を受け、正式名称が公益財団法人日本少年野球連盟に変わりました。
 これは永年の頑張りが評価されたもので、当連盟では2013年を再出発の年と位置付け、さらなる飛躍を目指しています。
 日本少年野球連盟のスタートは1970年。 最初はわずか28チームという一握りの小さな集団でしたが、いまでは北から南まで40支部、小・中学生の部併せて約741チームの大きな組織に発展しました。ボーイズリーグは、創立以来、野球を愛好する少年たちに正しい野球のあり方を指導し、野球を通じて次代を担う少年の健全育成を図る」ことを目的に掲げ、活発な活動を展開しています。
 そしてその活動内容は毎年、春と夏に全国大会を開催する他、世界少年野球大会、日中、日韓親善試合などの海外交流にも力を入れており、各ブロックでの地区大会は年間230大会にも及んでいます。
         

              〜引用:公益財団法人日本少年野球連盟ホームページより〜


石川ボーイズ/ウイングスについて

  石川県内で4番目、北陸支部として16番目のボーイズリーグ加盟チームとして北陸支部より認証を受ける

チームスローガン 『感謝と和』
野球の技術向上はもちろんのこと、野球を通じ心の成長を促します。
高校へ進学しても野球を続けていける体力、精神力、技術力を身につける指導をします。
目的、目標を掲げ、考える力を育て、努力することを教えます。
選手の父母も団員です。

野球を通じ、自ら進んで協力していける楽しいチームづくりに務めています

2003年 1月 新チーム結成
      3月 チーム名を『石川ウイングス』と命名
      6月 石川県内で4番目、北陸支部として16番目の
         ボーイズリーグ加盟チームとして北陸支部より
         認証を受ける...
     10月 選手権春季大会北陸予選に公式戦初参加
2004年10月 公式戦に初勝利
2005年 5月 サークルK杯に初出場
      8月 北大阪大会に初出場、大津びわこ大会に初出場
     11月 神宮奉納三重大会に初出場
2006年 5月 中日本大会に初出場
     11月 中日スポーツ杯争奪 第一回ボーイズリーグ
         中日本選抜大会に初出場
2010年 7月 第1回日本少年野球北國新聞社旗争奪北陸大会 
初代王者
2012年 4月 第3回日本少年野球北國新聞社旗争奪北陸大会 
優勝
2013年 1月 チーム名を石川ウイングボーイズに変更
      4月 チーム名を石川ボーイズ/ウイングスに変更

     11月 日本少年野球連盟 北陸支部 一年生大会   優勝
2014年  6月 第20回 日本少年野球 越前東尋坊大会 ジュニアの部 優勝
2014年 8月 北陸支部第1回ジュニア大会 初代王者
2014年 9月 秋季大会 準優勝
2014年11月 神宮奉納第13回日本少年野球三重大会 ベスト4
2015年 5月 第21回日本少年野球 越前東尋坊大会 優勝
2015年 6月 第46回日本少年野球選手権大会 北陸支部予選 準優勝
2015年 8月 第28回和歌山有田大会 優勝
2016年 1月 登録名を石川ボーイズに変更


命を守る〜AEDの導入〜


ボールが心臓付近に当たった際に心停止を起こす『心臓震盪』対策としてAEDを導入しました。スポーツ中に起こる突然死の80%以上が心臓震盪だといわれております。
石川ボーイズ/ウイングスとしても大切な選手の命を守るためにAEDを所有し、練習及び試合会場には必ず持ち込むようにしています。 
大切なお子様をお預かりするからこそ、万全の態勢で受け入れたい!石川ボーイズ/ウイングスは、安心して野球に取り組める環境を作り続けていきます!!  

熱中症対策/健康管理

  熱中症対策 近年メディアなどで多く取り上げられている熱中症による救急搬送事例ですが、石川ボーイズでも毎年何人かの選手が熱中症によりダウンしている現状があります。これまでの事例を繰り返さないためにも、チーム・保護者共同で熱中症対策及び健康管理を徹底していくことで、大好きな野球を健康的に行えるように選手達をサポートしていきます。
取り組みについて
練習前のミーティングで次の3つの項目について選手に報告を義務付しました。
@練習参加前の体温計測A朝食摂取状況B平日の健康状況
その他にも、救急救命講習会の参加、各症状の対策マニュアルの設置、30分間隔での水分補給の徹底を行います!

入団について

入団時期は明確な規定はありませんが、中学入学前に体験及び見学に来て入団される方が大半です。6年生でも、所属チームの了承を得ていただければ、体験入部、見学はいつでも可能です。
入団は入団届を提出して初めて正式な団員と認められます。まずは気軽にお問い合わせください。

入団申請書 コチラ からダウンロードしてください
入団誓約書 コチラ からダウンロードしてください 

入団にかかる費用

あくまでも目安です 参考までにお願いします 
 項  目  費  用  備  考
 入団費  10,000円  
 月会費 10,000円  中学1年生の4月から(体験時は無料)
 チーム用具関係    全員が購入します
 ユニフォーム一式  16,000円  
 セカンドユニフォーム  7,000円  
 グラウンドコート  15,000円  秋頃に購入します
Xジャン  6,000円  
 アップシューズ   7,000円  
 スパイク  8,000円  
 バック  5,000円  
 練習用帽子  3,000円  
 試合用帽子  4,000円  
 合  計 71,000円   道具は一度にまとめて購入するわけではないので負担は分散されます
個人用具関係     あくまでも個人の好みで
 グローブ 25〜40,000円   
 バット 15〜30,000円   


団費について

団費は毎月10,000円を集めています(1)
その他に、練習後子供たちが飲むプロテインの費用を毎月1,000円集めています(2)
毎月必ず必要となる費用としては(1)(2)を足して11,000円となります。

遠征について

石川ボーイズ/ウイングスでは年に4〜5回、県外(大阪、和歌山、岡山、滋賀、三重等)に遠征します。
遠征費は日帰りor宿泊、地域で徴収する費用が異なります。
日帰りであれば 3,000円(主としてバス代)※現地集合の場合は集めません → 主に北陸三県
宿泊であれば 選手16,000円、保護者10,000円(バス代、ホテル代) 程度 毎回徴収します。  

保護者の役割について

チームとして保護者に求める役割としては
父親 @道具の運搬(トラック) Aグラウンド整備(練習試合などで) Bチーム審判(練習試合などで)
母親 @お茶当番(お弁当の買い出しなど) Aプロテイン準備  Bアナウンス
代表的なものは以上です。必要に応じて様々なことをお願いすることになりますが、基本的には、保護者全体で役割をこなしていきますのでご安心ください。
 

指定業者について

日本少年野球連盟では、選手諸君により安全で、より良質の野球用具を使ってもらうため、そうした製品を製作しているメーカーを指定しています。審査対象になる野球用具のすべてについて、これら指定業者の製品を使用する事が義務づけられています。
                         
                        〜引用:公益財団法人日本少年野球連盟ホームページより〜

                    指定業者一覧へ

問い合わせ

入団や体験に関するお問い合わせはメール若しくはマネージャーの田口まで直接お問い合わせください。
問い合わせ メールは welcome★ishikawa-wing.net 
      ※スパム対策※★→@に変換してメールを送信してください

      電話番号 090-3888-3116 田口マネージャー直通